紫外線対策ケア用品

2018年02月22日

 

 

 

 

↑↑ お買い求めは芦屋JINオンラインショップで ↑↑

 

 

 

皆様こんにちは。

 

春は1年で一番肌トラブルの多い季節です。

冬場の乾燥、温度差、花粉、環境の変化やストレス。

とくに美肌の天敵、紫外線量は真冬でも真夏の50%以上あります。

冬場は紫外線対策をさぼりがちですが、そのつけが春先にやってきます。

 

UVA (紫外線A派)は、1年を通して注意が必要。4月~8月がピーク。ただし、それ以外の月もピーク時の1/2以上の量があるため、通年での予防が望ましい。

 

UVB(紫外線B派)は、春から秋までが特に注意。1年を通じて差が激しく、4月から徐々に増え始めます。

 

 

 

 

 

紫外線は晴れの日だけでなく、曇りや雨の日でも降り注いでいます。

 

たとえば、曇りの日でも晴れの日の約90%の紫外線があり、しっかりした日やけ対策が必要です。

 

また、紫外線は上から降り注ぐだけでなく、壁や地面に当たって反射もしています。コンクリートや砂からは土に比べて多く反射するとされていますが、特に海や雪面からの反射量はとても多いとされています。「照り返し」による日やけにも十分に注意が必要です。

 

効果的な紫外線対策でお肌をダメージから守りましょう。

 

 

🌼芦屋JINクリニックおすすめの日焼け止め対策🌼

 

◆内側からの紫外線対策は、

医療専売品、国産・飲む日焼け止め『ソルプロホワイト』

↓    ↓    ↓

ソルプロホワイト